循環器内科循環器内科・冠疾患集中治療部・不整脈科

循環器内科 診療概要

循環器科の対象疾患としては主に虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)、閉塞性動脈硬化症、心不全、高血圧、不整脈、心臓弁膜症、心筋症などがあげられます。
当科ではこのような疾患に24時間対応できるよう常に待機しております。又、近隣の病院や医院の先生方とも連携し最善の治療を提供できるよう心がけております。
冠疾患集中治療部では主に虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)、閉塞性動脈硬化症、重症心不全の診断及び治療を行っております。冠動脈狭窄による虚血性心疾患に対し、カテーテル治療(バルーン拡張術、ステント留置術)を行います。ステント治療に関しては従来型のステント(bare metal stent)か再狭窄予防のための薬剤溶出性ステントを用いる場合がありますが、治療後の内服薬に違いがあるため患者様と相談し決定しております。血管の硬化が強い場合にはロータブレーターを用い血管壁を削る治療も積極的に行っております。又、近年心血管以外での血管治療もカテーテルで積極的に治療しております。カテーテル治療は安全かつ有効な治療ですが、侵襲性は低く患者様の負担を軽減することができると考えております。2泊から3泊程度の入院で行うことができ、退院後は早期に日常生活に戻ることができます。

循環器内科 診療内容

冠疾患集中治療部では主に虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)、閉塞性動脈硬化症、重症心不全の診断及び治療を行っております。虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)に対し、当院では2室の心血管造影専用のカテーテル室を有し診断及びカテーテル治療を行っております。特に急性期の診断・治療に力を入れており、心筋が壊死に陥る急性心筋梗塞などまさに一刻を争う病態には医師・看護師・コメディカルが24時間待機し、夜間・休日を問わず、緊急の検査・治療にあたっています。具体的には緊急の心臓カテーテル検査によって診断を迅速に行い、薬物療法やカテーテル治療(バルーン治療、ステント治療など)などの治療で狭窄あるいは完全に閉塞した冠動脈の血行再建術を行っています。またより重症の心筋梗塞(ショック状態など)に対応するため大動脈バルーンパンピング(IABP)や経皮的心肺補助装置(PCPS)といういわゆる補助循環の装置も導入しています。
動脈硬化は心臓の血管以外にも、頸動脈、鎖骨下動脈、腹部血管、腎血管、腸骨動脈、下肢動脈など全身の血管カテーテル治療を行っています。
虚血性心疾患の診断は、今までは入院の上でカテーテル検査で行ってきましたが、2006年9月から64列マルチスライスCTを導入し、初回冠動脈検査の多くがCT検査にて可能となり、患者さんの負担はさらに低下し外来でも検索が可能となりました。

診療スタッフ

氏名 専門医・認定医等
循環器内科部長 加藤 健一 日本内科学会認定内科専門医
臨床研修指導医
冠疾患集中治療部部長 柚本 和彦 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定専門医
臨床研修指導医
不整脈科部長 黒崎 健司 日本内科学会認定内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈学会-日本心電学会認定不整脈専門医
植込み型除細動器(ICD)
/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修終了医
臨床研修指導医
身体障害者福祉法第15条指定医師
循環器内科副部長 青木 元 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
臨床研修指導医
不整脈科副部長 小和瀬 晋弥 日本内科学会認定内科医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈学会-日本心電学会認定不整脈専門医
植込み型除細動器(ICD)
/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修終了医
臨床研修指導医
身体障害者福祉法第15条指定医師
循環器内科医師 韋 靖彦 日本内科学会認定医
小松 雄樹
(不整脈科)
田中 真吾 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
福澤 朋幸 日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本医師会認定産業医
花木 裕一 日本内科学会認定内科医
渡辺 貴博  
池田 翔太  
金谷 翼  
武田 悦寛  
非常勤医師
(筑波大学循環器
不整脈学寄付講座
教授)
野上 昭彦 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈学会-日本心電学会認定不整脈専門医

施設認定

日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本心血管インターベンション治療学会研修施設
日本不整脈学会-日本心電学会認定不整脈専門医研修施設

外来診療日

受付時間 8:15~11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)
※「予約」は事前予約または紹介状が必要です。
※初めて受診される方は、初診診療状況一覧表をご覧ください。

(注) ★印:部長 ☆印:副部長
※手術・緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。

不整脈科 診療概要

横浜労災病院・不整脈科は経験豊富な専門医によって最新の不整脈治療を提供させて頂いております。頻脈性不整脈に対する根治療法であるカテーテル・アブレーション(焼灼術)に関しては,特に,複雑で治療困難な心室頻拍(VT)・心室細動(VF)などの重症心室性不整脈に対して力を入れており,全国各地からも多くの不整脈患者さんが紹介されて来られています。ペースメーカー両心室ペースメーカー(CRT-P)植込み型除細動器(ICD)両心室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)などの植込み型医療機器の手術や外来管理に関しても豊富な経験を有しています。また,不整脈に対する薬(抗不整脈薬)による治療に関してもエキスパートであり,近隣の病院や診療所の先生方からのご相談も数多くお受けしております。

私たちは不整脈患者さんが受けられるケアを改良できるように絶えず努力しており,またそのことを誇りに感じています。

不整脈科 診療内容

私たちは不整脈治療専用の心臓カテーテル検査室(EPラボ)を有しています。この心臓カテーテル検査室では,診断や治療方針決定のための心臓電気生理学検査や,カテーテル・アブレーション治療,それにペースメーカー両心室ペースメーカー(CRT-P)植込み型除細動器(ICD)両心室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)などの植込み型医療機器の手術が行われます。

対応している不整脈には,心房期外収縮(APC)心室期外収縮(VPC)心房細動(AF)心房粗動(AFL)・心房頻拍(AT)発作性上室性頻拍WPW症候群(ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群)心室頻拍(VT),心室細動(VF)などの頻脈性不整脈と,洞不全症候群,房室ブロックなどの徐脈性不整脈とがあります。また,Brugada(ブルガダ)症候群,QT延長症候群,特発性心室細動などの一部の遺伝性不整脈疾患に関する遺伝子検査も行っております。

臨床実績

当科における直近5年間のカテーテル・アブレーション治療施行数および成績は次表のようになっています。ここで「初回成功率」とは第1回目のカテーテル焼灼術で頻拍が完治できた患者さんの割合です。「累積成功率」とは数回のカテーテル焼灼術が必要であった患者さんを含めての成功率です。「成功」とは頻拍が完治できたことを意味し,「成功しなかった」患者さんは頻拍が完治できなかった方のことで,事故や合併症が起こったりした方のことを意味するのではありません。心房細動に対するカテーテル・アブレーションの場合,「成功率」とはカテーテル焼灼術でひきがねとなる異常な電気的興奮部位(主に肺静脈)を隔離できた率を示します。

  2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 成功率 術後再発率
顕在性WPW症候群 12 11 12 17 20 14 97% 3.0%
潜在性WPW症候群 20 8 14 15 16 16 96% 1.1%
房室結節リエントリー頻拍 29 40 32 19 37 41 99% 1.2%
心房粗動 41 43 35 38 40 45 97% 3.5%
心房頻拍 18 29 9 29 19 16 86% 2.6%
心室頻拍 27 34 36 39 41 31 80% 6.0 %
心室期外収縮 8 17 10 19 13 22 83% 3.4%
上室期
外収縮
1 0 0 0 0 0 100% 0%
発作性
心房細動
9 21 29 23 17 23 95% 27.8%
(初回)
14.3%
(最終)
9.1%
(薬併用)
持続性心房細動 4 9 3 8 5 3 90% 80%
(初回)
53.3%
(薬併用)
心室細動 3 1 2 3 1 2 90% 6.7%
接合部離断術 1 1 1 1 2 0 100% 0%
合計 173 214 183 211 211 203 - -

また,当科におけるペースメーカー,植込み型除細動器(ICD),心不全に対する両心室ペースメーカー(CTR-PあるいはCRT-D)の年間手術件数は以下の表のとおりです。

  2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
ペースメーカー 113 131 162 118 153 170 118
植込み型除細動器(ICD) 35 20 42 28 34 51 37
両心室ペーシング(CRT) 22 15 15 11 13 25 25

カテーテル焼灼術の危険性・合併症

合併症 症例総数5390例中
(1992年~2013年)
死亡 1 (0.02 %)
脳血栓・塞栓(後遺症あり) 1 (0.02 %)
脳血栓・塞栓(後遺症なし) 1 (0.02 %)
一過性脳虚血 1 (0.02 %)
空気塞栓 2 (0.03 %)
敗血症 0
心筋梗塞 0
冠動脈狭窄 0
穿孔・心タンポナーデ 7 (0.12 %)
心膜液貯留(処置せずに軽快) 2 (0.03 %)
房室ブロック 1 (0.02 %)
心臓食道瘻 0
肺静脈狭窄 1 (0.02 %)
対極板部皮膚熱傷 1 (0.02 %)
肺塞栓 0
気胸 2 (0.03 %)
血胸 0
弁損傷 0
消化管運動障害(一過性) 1 (0.02 %)
消化管運動障害(持続性) 0
造影剤によるショック 0
大動脈解離 0
横隔膜神経麻痺(一過性) 1 (0.02 %)
仮性動脈瘤(穿刺部位) 2 (0.03 %)
動静脈瘻(穿刺部位) 1 (0.02 %)
冠静脈洞解離 0
後腹膜血腫 0
消化管出血 0
輸血が必要な穿刺部血腫 0

不整脈科の詳しい情報

ページの先頭へ